加伊寿御前

場所:黒石市 道の駅「虹の湖」 黒石ダム

鎌倉時代末期の黒石郷の地頭:工藤貞行の娘。
加伊寿御前は、暗がりでも明るくなるほどの美人と伝えられ「黒石美人」の代表とされています。

泉はイタリアの「トレビの泉」を模したもので、泉の中の四つの鐘は「愛」「幸せ」「学び」「実り」を求める鐘を意味しています。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です