浅利与一(中央市)

場所:中央市 豊富シルクの里

甲斐源氏の一族で弓矢の名手。
浅利与一、佐奈田与一、那須与一を合わせて「源氏の三与一」と呼ばれている。
壇ノ浦の合戦の遠矢で活躍したという記録がある。

源頼朝の寵臣:梶原景時が、鎌倉御家人により討たれた「梶原景時の変」の後、景時の庇護を受けていた平家の残党:城長茂ら城氏が起こした「建仁の乱」に参加していた 弓の名手である女武者:板額御前の武勇に惚れた 浅利与一は、2代将軍:源頼家に身を預かりたいと申し出た。
 将軍により敵兵の女を所望するのは叛意があるのではと疑われるが、武勇の女と契を交わして丈夫な子を産み朝廷と武家を守りたいと答え、許されたという逸話があります。

1 comment

  1. Pingback: 板額御前 – 日本の銅像探偵団

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です