三浦謹之助

場所:伊達市 保原中央交流館
画像提供:さとうろくぞうさん

内科医。 1888年帝国大学医科大学卒業。
後にドイツ、フランスに留学、パリで有名な神経病学者 J.シャルコーの門に学び、94年母校の内科学助教授、95年教授。 1924年名誉教授を歴任。
筋萎縮性側索硬化症など神経疾患の研究が多く、臨床神経学の開拓者として日本医学界に貢献した。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です