乙女の像(高村智恵子)

場所:十和田市 十和田湖畔休屋・御前ヶ浜
建立年月日:1953年(昭和28年)
原型師:高村光太郎

詩人である彫刻家である高村光太郎(高村光雲の息子)の最高傑作と呼ばれる彫刻。
当サイトの掲載基準の銅像=(偉人顕彰像)と趣旨がズレるが、モデルが高村光太郎の妻であり洋画家・紙絵作家の高村千恵子であるとも言われているためギャラリーに掲載しました。

十和田湖国立公園サイトに乙女の像について説明があるため、リンクを貼っておきます。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です