消防犬ぶん公

場所:小樽市 小樽市観光物産プラザ
画像提供:山本留吉さん

昭和初期に小樽消防本部で飼われていた犬(雑種オス)。
消防車が出動する時は、一番先に乗り込み、火事場では野次馬(見物人のこと)を追い払い、水を掛けるホースのもつれを直したりして大活躍した。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です