平敦盛と熊谷直実(神戸市須磨区)

場所:須磨区 須磨寺・源平の庭
画像提供:びがろうさん

「平家物語」の有名な逸話「敦盛」の描写をイメージした銅像です。
一の谷の戦いで源氏に敗れた平家軍は退却する。
笛の名手として名高い平敦盛は退却の際に愛用の横笛を忘れて取り戻ったため、退却の船に乗り遅れる。
浜で馬の脚を取られるなど手こずっていたところ源氏武者:熊谷直実が通りがかり、格式高い鎧兜を身に着けた平敦盛を見つけて一騎打ちのために呼び止めた。

一騎打ちの呼びかけに応じた平敦盛であったが、元服間もない若武者が、源氏の猛者:熊谷直実に敵う訳もなく組み伏せられてしまう。
 首を斬ろうとした熊谷直実は、相手が自分の息子と同じ年ごろであることに気づき愕然とする。
組み伏せた敵武将の頸を討とうとしない直実の姿に、源氏の諸将から疑いの声が上がり始めたため、直実はやむを得ず敦盛の頸を討ち取った。
 若き敦盛を討ったことが直実の心を苦しめ、直実はその後、武士を辞めて出家したという。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です