後藤房之助

場所:青森市 八甲田山 銅像茶屋
建立年月日:1906年
原型師:大熊氏広

1902年(明治35年)1月に、歩兵第5連隊第2大隊210人が八甲田山で遭難した。
雪の中に仮死状態で立つ後藤房之助伍長を捜索隊が発見した。
雪中行軍遭難の悲劇として伝わる。

また銅像の前に「銅像茶屋」として親しまれたお土産屋さんがあったが経営難で惜しまれつつ閉店した。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です