源義平とおみつ(大野市)

場所:大野市 歴史の里
画像提供:松代屋重五郎さん

平治の乱で平清盛に敗れた源義平は父:義朝と美濃ではぐれてしまい越前九頭竜川上流の穴馬村(現:大野市朝日)に逃れてきました。
村の長、朝日助佐衛門は義平を匿い、娘:おみつがその世話をした。
やがて、おみつは、義平の子を身ごもることになった。
源義朝が討たれたとききつけ、義平は京に出陣することになった。
 出陣する際に、義平は産まれてくる子どものために自分の身につけていた太刀と白旗、そして1本の青葉の笛をおみつに授けたという逸話の銅像です。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です