尼御前

場所:加賀市 尼御前SA下り線(尼御前岬)

源義経が兄:頼朝と対立し奥州平泉に逃亡する際の従者の一人。
「安宅の関」の取り締まりが厳しい事を知った尼御前は義経の足手まといになることをおそれ、義経の無事を祈ってこの岬から身を投げてしまったという伝説が残っています。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です