秀の山雷五郎

場所:気仙沼市 岩井崎 三陸復興国立公園
建立年月日:1988年(昭和63年)
画像提供:まるこさん

江戸時代に活躍した第9代横綱。
気仙沼出身の横綱を顕彰しようと市民の有志により建立された銅像です。
2011年3月11日東日本大震災の時には海岸ヘリに建立された子の銅像も津波にのまれました。
碑文などが流された中、この銅像は流されずに残りました。
「あの津波にも残った!残った!」と当時のニュースでも地域復興のシンボル的に紹介された銅像です。

Leave Comment