上杉治憲(鷹山)と細井平洲

場所:米沢市 普門院・上杉治憲敬師郊迎跡
住所:米沢市大字関根13928

細井平洲は上杉治憲が米沢藩主になった14~17歳にかけて指導した儒学者。
20年ぶりの再会に際し、治憲は城を出て、米沢の入り口大門坂まで出て平洲を待った。
合流後、二人はここ普門院まで肩を並べて歩き、普門院で過ごしたという故事から、ここに銅像が立てられた

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です