花燃ゆ像

場所:前橋市 楽歩堂前橋公園
建立年月日:2016年

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」で脚光を浴びた初代県令・楫取素彦を顕彰する銅像「楫取素彦と松陰の短刀」

生糸を直輸出するために渡米する現在の桐生市の実業家、新井領一郎に、楫取の最初の妻・寿ひさが、渡米の夢がかなわなかった兄、吉田松陰の形見の短刀を託す場面を表したもの。
2人と楫取、新井の兄で製糸家の星野長太郎の計4人が、高さ約170センチの等身大で作られた。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です